事故車の売り方

事故車って下取りと中古車屋に売るのと個人売買どっちがいいの?

事故車の売り方は3つある

ho

 

車を売る方法は大きく分けて3つです。

 

  • 新しい車に買い替える時に下取りしてもらう
  • 中古車屋に売る
  • 個人売買で売る

 

 

 

下取りのメリットデメリット

 

下取りって??
次の車を購入するお店で今まで乗ってきた車を引き渡す売り方です。

 

 

下取りのメリット

  • めちゃくちゃ楽に「売る」も「購入」もできる

売却手続きも、購入手続きもやってくれます。
名義変更などの難しい手続きも全て任せることが出来ます。

 

 

下取りのデメリット

  • お金がかかる
  • 事故車や古い車などは0円下取りになることもある

やっぱり、楽なのでお金がかかるということですね。

1番簡単で時間もかからない。でも、1番お金がかかる方法。

 

 

中古車屋に売るメリットデメリット

 

メリット

  • 下取りよりも高く売れる
  • 事故車でも売れる
  • 正しいやり方で売れば高く売れる

 

デメリット

  • 下取りより手続きがめんどくさい
  • 中古車屋との値段交渉がめんどくさい
  • やり方を間違うと高く売れない

 

ちょっとめんどくさいけど、高く売ることができる。

 

しかし、現在では”手間なく売れる”ことを売りにしたサービスもあります。
こちらは「手間なく高く売れる」を売りにしたサービスです。



ユーカーパックの申し込みはこちらから

 

恐らく、現在では1番新しくて質のいいサービスだと言えます。

 

 

 

「事故車だから売れない・・・」
という方でも、「事故車だけを買い取る」という業者もいます。



事故車の無料査定はこちら


 

 

個人売買のメリットデメリット

 

個人から個人へ車を売る売買です。

 

個人売買のメリット

  • 1番高く売る方法である

 

個人売買のデメリット

  • 1番めんどくさい売り方である
  • 人に売るので難しい
  • 売った後にトラブルが起こることも多い

 

 

1番高く売れるけど、1番めんどくさくてむずかしい。

 

名義変更や売買契約書などを作るのがめんどうです。

 

 

個人売買にはこんなトラブルが多いです。
「相手が名義変更してない・・・。」
「すぐに故障したとクレームがきた・・・。」

 

 

こんな話もあります。
「車が故障して仕事にも行けなかった。」
「賠償金を払ってもらいたい。」

 

 

全くの初心者が、このようなトラブルを起こすことが多いです。。

 

結局、どっちがいいの?

 

下取りが向いてる人はこんな人

  • お金に余裕がある人
  • 時間がない人
  • めんどくさいことをしたくない人

 

 

中古車屋に売るのが向いてる人

  • 高く売りたいけど、個人売買はやらない人

 

 

個人売買が向いてる人

  • お金に余裕がない人
  • 時間がある人
  • 自分で手続きに挑戦してみたい人
  • 自分で値段交渉してみたい人

 

 

 

この中でどれがいいの?

 

というと、1番アンパイでおすすめなのは「中古車屋に売る」です。

 

 

今では車を売るサービスも充実してるので、利用してみるといいかもしれません。
動く車ならこちらのサービスがおすすめです。



ユーカーパックの申し込みはこちらから

 

 

 

動かない車はこちらがおすすめです。

 




事故車の無料査定はこちら


 

 

 

業者にとって事故車はカモ?!

 

事故車は一般的に「価値がないもの」と思われがちです。

 

 

ですが、事故車にも大きな価値があります。
事故車は売れるのか?」でも話しましたが、海外に大きい需要があるからです。

 

 

それでも、こんなふうに思われています。

  • 事故車は人気がない
  •  

  • みんな事故車には乗らない
  •  

  • 業者には「事故車は価値がない」と言われる

 

 

ですが、事故車を価値がないと思うのはやめるべきです!

 

 

「何が言いたいの?」

 

というと、

 

 

価値のある事故車を安い値段で売らないでほしい。
ということなんです。

 

 

一般的な中古車屋へ行くと、
「これは安くでしか買い取れません」
などと言われると思います。

 

 

でも、今では事故車でも高い金額で売ることが出来る時代です。
事故車を売ろうとしてる方は、こちらの事故車専門店で売るといいでしょう。



事故車の無料査定はこちら


 

 

もし、
「事故車についてもっと知りたい!」

 

というマニアックな人がいれば、こちらの記事もおすすめです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ