事故車

事故車は修理すべき?買い替えるべき?

事故車の修理と買い替え

ho

 

 

「事故をしてしまった!」

 

「修理してこのまま乗り続けるか?」

 

「買い替えて乗ったほうがお得か?」

 

こんな悩みがありますよね。
その気持ち、非常にお察しします。

 

 

「修理してもまた壊れないかな?」
「まだまだ乗れるのかな?」

 

そんなふうに思いますよね。

 

 

今回は、そんな事故車の修理か買い替えの判断基準についてお話していきます。

 




事故車の無料査定はこちら


 

 

修理or買い替えの5つの判断基準

 

  • 車の年式
  •  

  • 修理の金額
  •  

  • 修復歴がつくか
  •  

  • 後遺症が残らないか
  •  

  • 愛着があるか

 

1つずつお話しますね。

 

車の年式で驚くほど価値が変わる

 

車は、基本的に古いと安くなります。
(マニアックな旧車は価値が高いけど、それは無視します)

 

 

車は消耗品と考えてください。

 

 

「なんで古いと安くなるの?」
というと、

  • サビてくる
  • 腐れてくる
  • 汚れてくる

これは当たり前ですね。
実はそれだけじゃないんです。

  • 保険会社は「年式=価値」だと判断する
  • 新しいモデルが出てると価値が低い

 

この2つがあるんですよね。。

 

保険会社は「状態」を見ない

 

車の保険にはみんな入ってますよね。

 

あなたが車どんなに車をカスタムしていても、保険会社は無視します。

 

 

例えば、

 

「古いけど100万円以上カスタムしたプリウス」の事故をしたとします。

 

相手が100%悪い事故です。

 

あなたから見れば、
「年式は古いけど100万円以上かけてるから状態もいいし、最低でも100万円は保険金がほしい。」

 

 

そう考えますよね?

 

 

でも、保険会社から見ると、
「この年式プリウスの平均額は50万円なので、あなたにも50万円しか払えません。」

 

ってなってしまうんですよね。
それほど年式は重要です。

 

新しいモデルが出てると価値が下がる

 

これは、なんとなくわかりますよね。
クオリティの高い車でも、新しいモデルが出るたびに安くなってしまいます。
プリウスの場合、モデルがどんどん新しくなるので、価値も下がっていきます。

 

 

なので、

 

年式が古い車は買い替えのがいいかもしれません。

 

 

修理金額はお店によって変わる

 

修理費用は、いくらでしょうか?

 

 

修理金額はお店によって驚くほど変わるんですよね。。

 

 

実際、僕が修理した時は13万円も違いがありました。

 

 

リアバンパーをぶつけてた時の話です。
1番最初に持って行った工場では、
「バンパーの変更をしないといけない。18万円かかる。」
と、言われました。

 

しかし、次の工場に持っていくと、
「交換はしなくても大丈夫。これなら5万円で直せる」
と言われたのです。

 

結果、5万円で直してもらいますた。

 

 

「1日でも早く修理したい。。」
その気持ちはよくわかります。
でも、2、3回は別のお店で見てもらうことをおすすめします。

 

 

修復歴がつくと売る時に価値が下がる

 

修復歴とは、車のフレームを修復したことです。

 

「フレームってなんだよ」という方がいると思うので、こちらの図を用意しました。

ボンネットタイプ

ho(1) フレーム(サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア
(1)から(8)の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となります。但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。
一般財団法人 日本自動車査定協会より引用
http://www.jaai.com/sateidojo/expert/08.htm

 

この「骨組み」がフレームです。
この部分を修復すると、修復歴アリになります。

 

 

修復歴があると、売る時に安くなってしまうんですよね。。

 

 

もし、あなたが
「他の車も乗りたい」
「修理しても近いうちに売るかもしれない」
と思ってるなら、買い替えがいいでしょう。

 

 

修復歴アリの車を売ろうと思ったら、、、
修復歴ナシの車と比べるとめちゃくちゃ安いからです。

 

 

特に、「事故がなさそう車」は価値が下がります。
「事故がなさそうな車」とは、エコカーや年寄りが乗りそうな車です。

 

 

例えば、
スポーツカーやヤンキーが乗りそうな車は、修復歴ありも多いです。
ですが、エコカーやおとなしい車は事故歴が目立ってしまいます。

 

 

もし、あなたの車が修復歴ありも多い車なら修理してもいいかもしれません。
でも、修復歴なしが多い車なら、思い切って買い替えるほうがいいでしょう。

 

 

「でも、事故車って売れないでしょ。。」
「次の車を買うお金がないよ。。」

 

と思ってるなら、
事故車は売れるのか?」を見てみてください。
事故車でも結構売れるもんですよ。

 

 

後遺症は残らない?

 

修理したあと、
「なんか違う・・・」
って思うことがあるんです。

 

 

しっかり高いお金をかけて修理すれば心配ないですが、安く修理する場合に考えなくてはなりません。

 

 

例えば、

  • 色が微妙に違う
  • ハンドルが少しズレてる
  • 内部にズレがある

という感じです。

 

 

特に、足回りの修理を安い工場で修理する場合は注意が必要だと言えます。

 

 

もし、
「ちょっとハンドルがズレるかもしれない。」
「でも、運転には支障ないよ。」
と言われるなら、

 

買い替えをおすすめします。

 

 

理由は、

  • 売る時に安くなる
  • 運転していてストレスが溜まる

この2つです。

 

 

考えてみてください。
「ハンドルをまっすぐにすると、右に曲がる・・・」
「なんかドアだけ色が違う・・・」
嫌ですよね。
ハンドルを全く見ないのであれば、ストレスはないかもしれませんが。。。

 

 

また、修復歴ありの事故を起こすと安全性も落ちます。
修理しても100%までは直りません。

 

 

あとから、
「やっぱり買い替えたい。。」
となると、非常にもったいないです。

 

 

そうなる心配があれば、今のうちに買い替えるのがいいかもしれません。

 

 

事故車を売る場合、事故車専門に買取している場所に売るのがおすすめです。



事故車の無料査定はこちら


 

 

あなたが車を愛してるか

ho

 

もっとも大切な判断基準ですよね。

 

「まだこの車に乗りたい!」
「ずっとコイツだけに乗っていくんだ!」

 

 

そんな人はもう、
修理してください。

 

 

「周りの人に買い替えろと言われる・・・」
そんなの一切関係ないです。

 

 

あなたには「愛」があるんですから。

 

 

もしかするとあなたは、
「車に愛なんてあるわけないだろw」
と思ってるかもしれません。

 

 

本当にそうでしょうか??

 

 

「数ある工業製品の中で「愛」が付くのは車だけ」

 

 

なぜ「愛車」という言葉があるのか。
もう一度よく考えてみるといいと思います。

 

 

ですが、、
愛がないのであれば、修理なんかせずに売ったほうがいいかもしれません。

 

 

恋愛でもそうですよね。
愛がない人とは別れたほうがいいと思います。
そのほうがお互いのためになります。

 

 

車でも変わりません。
あなたが車を売ったら、次のオーナーが出てきます。

 

 

「事故車だから次はないよ。。」
と思われるかもしれませんが、事故車は海外に売り出されます。

 

 

つまり、海外で愛のあるオーナーが待ってるわけです。

 

 

あなたが買い替えを考えているのであれば、早めに買い替えてもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

ここまでの話をまとめると、以下のようになります。

 

事故車を判断するまでの流れ

 

車の年式が古いなら売る
修理費用は1つのお店で決めない
後遺症が残るなら売ったほうがいい
愛着があるなら絶対売らないべき

 

という感じですね。

 

 

もしあなたが「売る」なら、こちらの記事も参考にしてみてください。
事故車を高く売る方法とは?

 

 

結論から言えば、

 

軽い事故ならこちら



事故車の無料査定はこちら


 

 

重い事故なら事故車専門店がおすすめです。



ユーカーパックの申し込みはこちらから

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



ホーム RSS購読 サイトマップ